教授 川村 周三

学歴

1978年3月 北海道大学農学部農業工学科卒業
1980年3月 北海道大学大学院農学研究科農業工学専攻修士課程修了
1983年3月 北海道大学大学院農学研究科農業工学専攻博士課程単位取得
1986年3月 北海道大学大学院農学研究科農業工学専攻博士号取得


職歴

1983年4月 北海道大学農学部助手(農業工学科農畜産加工機械学講座)
1997年4月 北海道大学大学院農学研究科助教授
2013年4月 北海道大学大学院農学研究院教授


在外研究歴

1993年8月14日~1993年11月17日 ジョモケニアッタ農工大学(ケニア)
1994年7月6日~1994年10月5日 ジョモケニアッタ農工大学(ケニア)
1995年11月1日~1996年7月31日 カリフォルニア大学デーヴィス校(アメリカ)


現在の研究課題

寒冷気候を利用した米の超低温貯蔵技術の実用化
氷点下の温度域における米の貯蔵
玄米の複合選別技術による選別歩留の向上および高品質米の生産
無洗米の品質特性の測定
近赤外分光法による米の理化学特性,食味の測定
近赤外分光法による搾乳時乳質の連続測定技術の開発


学位論文題名

米の搗精と精白米の品質及び食味


所属学会

日本食品科学工学会,農業機械学会,農業施設学会,アメリカ農業工学会(ASABE),国際農業工学会(CIGR)


研究業績

研究論文のページをご参照下さい。


受賞歴

2000年3月3日 第6回ホクレン夢大賞 研究普及部門 大賞
 「寒冷気候を利用した超低温貯蔵による米の高品質保持技術の確立と普及」
2001年5月15日 2001国際食品工業展アカデミックプラザ 第3回FOOMA・APグランプリ
 「米は凍らない!-新米の美味しさを保つ超低温貯蔵-」
2001年7月12日 平成13年度 第5回農業機械学会北海道支部 支部賞
 「北海道における米のポストハーベスト技術に関する研究」
2002年6月13日 2002国際食品工業展アカデミックプラザ 第4回FOOMA・APポスター賞
 「高付加価値ジャガイモを創る-低温処理でジャガイモのビタミンC増加-」
2005年4月1日 平成17年度 第47回 農業機械学会 学術賞
「氷点下の温度を用いた籾の高品質貯蔵技術に関する研究」
2007年12月8日 Excellent Paper Award, International Seminar on Agricultural Structure and Agricultural Engineering (IS-ASAE)
"NEW COMBINATION USE OF THICKNESS GRADER AND COLOR SORTER FOR BROWN RICE FINE SORTING"
2008年5月29日 2008国際食品工業展 アカデミックプラザ(第10回)2008 FOOMA AP賞
「米の味:コシヒカリは本当に一番美味しいの?北海道米は美味しくないの?- 国産うるち米の食味評価 -」